らいおんのつぶやき

HOME > らいおんのつぶやき > らいおんのつぶやき
  • 代表

    この日記の読み方
    ・あぁ〜こんな失敗するんやなぁ〜
    ・あらっおんなじ失敗してる♪
    ・へぇ〜こんな工夫するんだ!(◎_◎;)
    ・あら!?そう言えば最近失敗してないねぇ(^-^)

    そうです。この日記は成長の足跡です。
    しっかり足跡を残すことで、成長のステップが記されます。
    失敗したけど、立ち直れよ…っと応援する気持ちで長い目で見てください。
    まぁ家では叱られることもあるでしょうけどね(^-^)アハハ

【成長のタネ】植える苗の順番

野菜は人が食べるもの、だから当然安心安全であることが求められます。
だから農家では栽培に関していろいろな記録(栽培記録)を残し、
必要な時は栽培履歴として提示できるようにしています。
それは例えば、この野菜の品種は何で、いつ種をまいて、
いつ何の農薬をどれくらい使用したかなどが分かるようしています。
この記録を残すために、当作業所ではルールが決められています。
今回はそのルールに関する失敗の紹介です。



根っこ取りをしていた彼に、
「その作業が終わったら、B4ベッドの後ろの何も植えていないパネルにネギを植えて!」
と指示をしました。
突然の指示にも関わらず、混乱することなく内容を理解し
ミスなく作業を完了できるかが問われています。
しばらくして様子を見ると、どうやら植えるのは大丈夫そうです。

ネギを植えている。OK!
植え方も正しい。OK!
では、植えるネギはどうか…?



ここは発芽したばかりの新しい苗を大きく育てて、
ベッドに植えられるまでここに置いています(写真上)
写真の奥の道路側から新しい苗を手前に置いていくので、
道路側にあるのが大きい古い苗だとわかります。
この古い苗から植えていくのがここのルール。
ところがネギのあった場所を見ると…、
道路側の苗が残ってその手前にあった苗が少なくなっていました。
これは植える苗の順番を間違えたことを意味しているのでは…
すぐに彼を呼び状況を確認、…やはり思った通りです(>_<)
その場でルールを再度確認し、注意しました。


どんなルールにもそのルールを作った理由があります。
今回のルールの理由は、栽培記録を残すために順番に並んでいる苗を古い方から使う事です。
ちょっとした事ですが、ルールがあるのはそれを守らないと困るからです。
守らなくていいルールってありますか?
そう言えば、あなたの家にもルールがあると思います。
守っていますか?